普通は皮の中に埋まっている状態でも、剥きたいと思えば剥けるものが仮性包茎です。手では剥けないのは、真性包茎、はたまたカントン包茎になります。男性・女性に関係なく、尖圭コンジローマの場合は放ったらかしにしていても、勝手にイボがなくなってしまうことがあるとのことです。体が健全で免疫力が高い場合に可能だと指摘されます。見た限りでは仮性包茎だろうという状態でも、この先カントン包茎であるとか真性包茎へと変貌を遂げるケースも散見されます。一度は専門病院などに行って話しをするべきではないでしょうか?カントン包茎だと診断されている方で、包皮口がとても狭いが為に、何もない時に剥こうとしても痛みを伴う場合、手術をしなくてはならないケースも多々あります。独自に真性包茎を治療してしまおうという場合は、ある程度の期間は必要だと考えていてください。焦り過ぎず着実に無理することがないように頑張ることが大切だと思います。時々あまり重くないカントン包茎は、亀頭を露出したりしなかったりを続けていくうちに、知らぬ間に自然に克服されるというふうな記事が掲載されているのを見ることがあります。現実的には性感帯というのは、包皮小帯そのものではありません。これの更に奥に位置する部位一帯を性感帯と呼ぶのです。なので、包茎手術をする際に包皮小帯が損傷を受けても、性感帯が影響を被るということは想定されません。コンジローマ自体は、痒いとか痛いとかの症状が見られないということが理由となって、気が付けば感染が広がっているということも頻繁にあるようです。どこの専門病院に行っても、美容整形外科が実施するような手術を依頼すれば、当然のことながら請求される金額も大きくなります。どのレベルの仕上がりがお望みなのかによって、最終的な値段は相違してくるのです。もしやカントン包茎ではないかと気になっている方は、あなた自身の陰茎とカントン包茎の画像を比較してみることをおすすめいたします。尖圭コンジローマは見るのも嫌な形をしており、大きさも一様ではありません。フォアダイスの外見はゴツゴツ感がなく、粒も大きくなくどれもこれも同一の大きさなのです。誤解しないでほしいのですが、真性包茎を解消すればカントン包茎になることはないと言っているだけで、カントン包茎自体を解消させる方策は、早急に手術することです。普通の時は亀頭が包皮で包まれていますが、自分自身で手前に引くと易々と亀頭全体が現れてくるなら、仮性包茎で間違いありません。衛生的なこともありますから、包茎治療をした方がいいと考えます。露茎を保つことを目指す包茎治療に対しましては、何が何でも包皮を除去することが絶対条件となるというわけではなく、注目度の高い亀頭増大術を実施してもらうだけで、包茎状態を治療することもできます。包茎手術と言われているのは、手術を終えたらそれですべて終了というわけではありません。手術後の手当ても大事になってきます。そんな意味もありますので、できれば家からも遠くない専門医院に決定した方が良いと思います。